低用量ピルと骨粗鬆症の関係性

ピルを長期服用すると、骨密度が下がるとか骨密度の減少を予防できるという噂があるので、どちらが本当なのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

外国での研究でピルが骨粗鬆症になるリスクを上げるという事が報告されているようなんですが、日常的にしっかりとカルシウムを摂取する事で予防する事ができるので、あまり心配する必要はないんじゃないかと思います。

家族に骨粗鬆症の方がいるという方は、遺伝もあるということで不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、女性は男性よりも骨密度が低くなりやすいので、低用量ピルでエストロゲンを補充して、骨密度の低下を予防するという考え方の方がいいのではないかと思われます。

閉経後の骨密度について

女性は骨が弱いのですが、閉経後にどんどん骨が弱くなり、骨折しやすくなるようなので、ピルを服用した方がいいとも言われています。
人によって解釈が違うのは、これだけ沢山の情報があるからだと思います。
何を信じたらいいのかわからないという方も多いはずですが、無排卵状態の生理が続いている方も、ピルで女性ホルモンを補うい必要があります。

色々不安があり、なかなかピル服用を決断できない方もいらっしゃるはずですが、女性の体の調子を整えてくれる薬とも言われていますから、検討してみるといいでしょう。

低用量ピルで便秘した時の対処

ピルを飲むと、下痢をするという方もいますが、便秘になる方もいらっしゃいます。
ホルモンバランスが乱れることで、腸の働きが悪くなってしまうというのが原因だと思いますが、便秘になってしまうと肌が荒れたりしてしまうので困りますよね?

ピルは女性のためにある薬で、避妊にも使えますし生理周期の改善にも役立ちますから、オススメされています。
しかし、人によっては合わないというケースもあり、ひどい便秘になってしまったり吐き気や下痢に悩まされてしまう事もあります。

ピル 通販 即日発送で購入して飲み続け、便秘したら便秘薬を飲むのが習慣になっている方もいらっしゃるはずですが、ピルと便秘薬の併用はいけません。

便秘になったら薬に頼らない

ピルで便秘になってしまった場合は、食事をしっかりととるようにし、運動をして腸を刺激することが大切です。
ダイエットで食事を減らしている方もいるかもしれませんが、しっかり食事をしないと排出される便がないため、腸の中で出しきれなかった便が蓄積される事になります。
食物繊維を多くとるようにしする事も大切なので、食事をとることと運動することを考えてみるといいでしょう。

運動をしない方は腸の働きが鈍いという特徴がありますので、毎日少しずつ運動することを習慣にしてみて下さい。